通話録音システムVCLog

アナログ/デジタル/IPに対応した通話録音システム

固定電話用通話録音システム

アナログ・デジタル回線だけでなく、IP回線にも対応した通話録音システムで、録音サーバとして汎用PCサーバを使用し、低価格化を実現しています。音声ファイルの品質は高く、ライブモニタリング機能を標準装備、オプションとしてエージェントーのPC画面のモニタリングや録画機能もあります。

VCLog(ブイ・シーログ)は録音装置に一般のサーバを使用し、専用ソフトェアや録音ボードを組み込むことでシステムを構築します。

iPhone/iPadによる録音ファイルの検索・再生が可能

iPhoneやiPadによる録音ファイルの検索・再生が可能です。日時や発着信番号/エージェントID/メモ等より該当録音ファイルを抽出し再生します。

アナログ回線/デジタル回線/VoIPに対応

INS64,INS1500等、SIP,H323等対応

各回線はPBXの内側と外線側、PBXに接続することができ、多様な情報取得や検索が可能です。また、合計ch数が一定未満であれば1つの録音サーバに異種回線を混在させることができます。

1サーバー最大収容250ch

最大接続チャネル数は1サーバー当り250ch(アナログ回線)です。※接続環境により回線数、または席数となります。

コールセンター規模の変動に柔軟に対応できます。※使用する回線や録音用サーバーのPCIスロット数によります。

●統合により1,000席以上のコールセンターもカバー
複数台のサーバーを統合することで250ch以上の規模に拡張するが可能です。

導入事例
業種 電気通信業
席数 1,000席
回線 VoIP(内線側接続)
サーバー台数 11台
備考 全サーバーはローカルネットワーク内で管理
メインサーバーより他サーバーを設定・管理

暗号化で堅牢な音声ファイル

ユーザー情報はID/パスワードで管理

各設定により録音ファイルの再生・検索・出力、ユーザー登録・変更・削除の管理、録音サーバーの設定等、使用範囲が権限により異なります
さらに暗号化保存機能で個人情報である音声ファイルのセキュリティを強化し企業のコンプライアンス遵守をサポートします。

音圧検知、Dチャネル信号による自動録音

自動録音は下記などのトリガーにより可能

受話器の上げ下げ(オンフック・オフフック)
VOX(音圧検知)
スケジュール録音
DTMF検知
Dチャネル信号
システム連携

※音圧検知:音声の検出により開始、一定の無音時間により終了でコントロールされます。
※スケジュール録音:各内線の録音時間帯を曜日ごとに設定することが可能です。
※Dチャネル信号による録音:転送前後のファイルを1つのファイルとして保存します。

多彩な検索項目

下記を組み合わせて検索が可能

通話日時/通話時間/受信番号/発信番号/内線番号/外線番号/オペレーターID/ファイル番号/録音サーバ/CTI接続ID/バックアップ/メモ/スクリーン録画/削除フラグ/スコア

※検索条件はシステム環境により異なります。

N+1冗長化構成(VoIP録音の場合のみ)

録音サーバを2台以上導入されている場合、障害時の冗長化構成がサーバー1台程度で対応できます。大規模コールセンターで何十台もの録音サーバを導入されている企業では、数台のサーバ追加で構築でき、コスト削減が可能です。

※この機能はバージョン6.02.007以降となります。


呼情報

CMサーバで受信し録音サーバへ転送されます。3つの録音サーバの設定ファイルは予備サーバにも保存されます。

CMサーバ

は各サーバの運行状況を把握し異常検知時にそのサーバの復旧まで予備サーバが録音します。

この冗長化の場合

録音(録音サーバ)と録音データ保存(録音DBサーバ)の各機能を分離したサーバ構成になります。(録音サーバ内にDB機能を入れることも可)

用途によって選べる圧縮率

圧縮率

8kbps/13kbps/32kbps/64kbps/128kbp
ディスク容量や感情認識などの他システム連携に対応しています。音声品質を重要視しない場合、8kbpsの圧縮率で録音されたデータでも問題ありません。通話録音システムVCLogは、受話器等から取得する装置に比べデータ変換を最小限で行うため最大圧縮率8kbpsを使用した場合も品質の良い音声データが取得できます。