お悩み相談室

弊社は国産メーカーとして日本の電話環境を熟知し、お客様の問題を様々な方法で解決して参りました。以下はほんの一例にすぎません。お客様にて抱えておられる問題をどうぞ弊社へご相談ください。

ヘッドセットによるTV会議システムの受話音にノイズが入る。

TV会議システムでのノイズカットは極めて難しいのですが、弊社ではヘッドセット側でのノイズカットで問題を解決しました。

周囲の環境が非常にうるさく、マイクに雑音が入り、相手側を不快感にさせている。

特殊IC使用により、周囲雑音と音声レベルの音圧差による通話を実現することで上記問題を見事に解決しました。

ヘッドセットを装着していると通話中かどうかわからない。

弊社モジュラーアダプター『EN-S21』のオプション品として通話中(受話器上げ時)にランプ点灯するような『通話表示ランプ』を商品化し、パソコンや机など見やすい所に設置することで、上記問題を解決しました。

オペレータのモニタリングをしたいが、大掛かり過ぎてシステム構築できない。

安価、簡単、短期間で導入できることを目標に12人のオペレータをモニタリングできる『SVモニター操作台』を商品化しました。(録音端子付き)また、関連商品として1人用モニターアダプターや1度に5人で聞ける複数モニターアダプターなども商品化し、安価なモニタリング環境の提供を行っております。

録音再生のPC用ヘッドセットと電話器接続の通話用ヘッドセットをひとつにまとめられないか。

ひとつのヘッドセットでPC側運用と電話器側運用を兼用可能にする『PC-TEL切替器』を商品化して、問題解決しました。

電話機での音量調整ばかりでなく、ヘッドセット側の胸元で音量調整できないのか。

一定の音量調節は電話器側で設定しておき、ヘッドセット側でも調整可能なケーブルを開発しました。(注意:ANP回路ではなく、減衰器となります)

製品に関するお問い合わせ

044-850-1533(平日9:00~18:00)
メールフォームのお問い合せ